銀行系カードローン

銀行系カードローンは何でおすすめなの?

お金に困ったとき便利なのがローンです。しかしローンと一言で言ってもさまざまな金融機関が行っており、どこを選べばよいかわからないという人も多いでしょう。
カードローンは大きく分けて銀行、銀行系消費者金融、信販会社、消費者金融の四つに分かれます。通常、お金を借りるとしたら借入先の優先順位はこの順となります。
というのも、銀行系カードローンは他のカードローンに比べて金利が低いことが多いというのが特徴です。借り入れ金額が多く、返済期間が長くなることが予想されるならとくに、金利の低さは重要なポイントといえます。
また、消費者金融系のローンはリボルビング返済、銀行系カードローンは元利金等返済か元加方式という方法で総返済額の計算がされます。計算方法が違うため、借入額と金利が同じでも返済総額に違いがあり、銀行系カードローンのほうが消費者金融ローンのほうが総返済額が少なくてすみます。
しかし、金利が低く返済額が少なくて済む銀行系カードローンですが、消費者金融に比べると審査に時間がかかる、審査が厳しいという特徴があります。消費者金融系のローンは審査が通りやすく時間も数分で借り入れが出来ますが、銀行系カードローンは借り入れが出来るまでやや時間がかかってしまいます。
そのため、すぐにお金が必要という場合、銀行系カードローンは向かないかもしれません。
クレジットカードのキャッシングはコンビニなどのATMでいつでも、どこでもキャッシングできるのでとても便利で利用しやすいですよね。私もたまに利用しますが、キャッシュカードと同じ感覚で現金が引き出せるので、あまりキャッシングしているという感覚がないので少し怖いのですが。いざという時とても助かります。それに審査が融資の自動審査なので非常に利用しやすいです。給料日まであと少しだけど、お財布にお札がない。少し現金が必要だっていう時にコンビニのATMでキャッシングすると、1万円からのキャッシングしかできないのがほとんどのようです。